2013年4月

『教える事』は『学ぶ事』課長からのメッセージ

春の風が快い季節となりました。 今回のブログは、東京 営業企画部デザイン課 課長の佐藤がお届け致します。 想いかえせば、20数年前私はコンサートの仕事に就きたい一心でした。 私の就活時代は昭和〜調べると言えば、電話帳しかありません!なんでもネットで検索、ポチッ!の時代ではないのです。 分厚い電話帳の中から、コンサート関連の会社を調べては、片っ端から電話攻撃!運良く日本ステージを見つけ、面接にこぎつけ現在の山下会長に採用して頂きました。美術大学出身でしたが、舞台の事は何一つ勉強をしてこなかったので、ゼロからのスタートでした。 箱馬?人形?シズ持って来いって??? 現場は、戦場。私の頭は?マーク・・ メモをとる暇もなく、次から次へと新しい事のオンパレードでしたが、大道具さんの仕事を見ては覚え、挑戦しては間違えての繰り返し・・・でも待っていても教えてくれないので、めげずに再チャレンジ!経験を繰り返しながら先輩のやり方を盗んで覚えていくという新人時代でした。 そして、空いている時間に学んだ事をノートに書き留めていきました。 時が過ぎ、何時の日か私にも後輩が出来た頃、新人の頃何も分らず、ただただがむしゃらにメモったノートを見返し、私の中で新しい考えが生まれました。 デザイン課では、そのノートを元に新入社員用のマニュアル教本を作り、まず机上で、教えて学ばせていこうと考えるようになったのです。 そして、この時期になると私は毎年決まって、4月から入社してくる新入社員の為にマニュアル教本を仕事の合間にこつこつと作ります。もう作りはじめて10年以上経つでしょうか・・・ 今年も4月から東京・大阪合わせて沢山の新入社員が入社してきます。 我が東京デザイン課でも2名採用致しました。 業界の事や数ある舞台用語。デザイン課では、プランをする上で必要な定型部材図面やパースの基礎など、覚える事は多数。教本も数種類になります。 毎年、少しずつ改良を加え、今の時代にあった教本を作ってきました。 そして、今年も出来上がりました!

ns_img01

私もそうでしたが、右も左もわからない新人達が、まず机上で理解してくれて、仕事を覚えていってくれたらいいな!の思いやりの気持ちから生まれたものなのです。こちらは入社4年目のIさんのマニュアル本です。

nh_img02

中身はお見せできませんが、何度も調べて、自分なりにメモして、手垢で真っ黒になって使い込んでくれています。そんな後輩の光景を見ると、よし!もっと分りやすく、こんな事も載せたら便利かな?と考える毎日なのです。 『教える事』は、教える側が『学ぶ事』でもあると日々実感します。 4月は新しいスタートです。入社当時の気持ちを忘れず、教える側の私達も日々、向上して未来の仲間達へ指導してゆけるようになっていこうと思います。

              記:営業2部 企画デザイン 課デザイン係 課長

佐藤由紀子

東京本社では、会社説明会を行います。 2013年4月26日(金)10時より URAYASU舞STUDIOにて 詳しくはニュース項目のRECRUITをご覧下さい。
2013年4月
« 2月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930