2013年5月

2013年 新入社員研修報告~4/3、4編

新緑の色増す季節、おかげさまで社内は例年にも増し忙しい日々を送っております。 約1ヶ月前、総勢24名という新入社員を迎え社内は新しい活気に満ち始めている今日この頃です。 さて、前回お届けいたしました『入社式・研修会』の際に告知いたしました通り、 今回は4月3日から4日にかけて行われた『ビジネスマナー研修』の模様をお伝えいたします。 この研修の講師・営業部の浦野次長代理より、最低限知っておかなければならない社会人としての基礎的な知識を分かりやすく、実践を交えた形で教えていただきました。 浦野次長代理  

まずは起立して発声練習 発声練習

  他己紹介(2人ペアになりお互いを紹介しあう) つい恥ずかしさが出て声が小さくなりがち。 浦野次長代理『声が小さいよ~!』とこまめにアドバイス。 他己紹介他己紹介    

名刺交換 まずは、浦野次長代理の見本を習い・・・ 名刺交換

さあ実践!

名刺交換1名刺交換2名刺交換3

その他、立ち居振る舞い、敬語トレーニングやコミュニケーションマナー、接遇マナー等様々なことを教わりました。この後、2日間の復習としてテストを行い、これから身につけるべき点を個々に確認しました。 新人の皆さん、今度はお客様の前でぜひとも実践してみてください! ビジネスマナー研修がひと通り終了後、全員で模型製作の実習を行いました。 4班に分かれて各担当箇所の模型を作り、ひとつのステージを作り上げます。 まずは作業分担し、取り掛かります。 模型製作 模型製作 模型製作 模型製作 模型製作 みんな真剣です。 周りから見ていると、取りまとめ役やサポート役などそれぞれの個性や性格が十分に見て取れました。 模型製作 模型製作 模型製作

早く出来上がった班は余裕の表情♪ 模型製作

そして出来上がった作品はコチラ!! 出来上がった作品

出来上がった模型の前で班ごとに記念撮影♪ 班ごとに記念撮影 班ごとに記念撮影 班ごとに記念撮影 班ごとに記念撮影

入社式からこの日までの4日間、誰も体調を崩すことなく無事終えることが出来ました。 大阪・東京合同での研修はこの日まで。 お互いが打ち解けるには適当な時間だったように思えます。 これからはそれぞれの配属先での研修となります。 この研修をこれからの日々の糧として頑張ってくれることでしょう。

記:東京総務部

2013年 4月1、2日 入社式・研修会

今年も日本ステージに新入社員を迎えることが出来ました! 桜の開花が例年より早く、舞スタジオに咲く桜も今年は見ごろを過ぎていましたが、当日は快晴に恵まれ、大阪6名、東京18名(中途入社4名含む)の総勢24名の入社式を執り行いました。 毎年、会長・社長及び各部署長から新入社員へのメッセージを2日間に渡ってお話しておりますが、その様子をここでご紹介いたします。

社長より 『新入社員の心得』

社長より『新入社員の心得』

会長は毎年この日のために大阪よりお越しになります

会長

中松常務からは『一生懸命な先輩について行きなさい』

中松常務

田村部長、島次長代理からは『製作』についてのお話

田村部長、島次長代理

本多部長より『現場における安全』について

本多部長

田辺課長より『コンプライアンス』について

田辺課長

みんな良い笑顔です!! 集合写真

入社式後、各部署の課長も加わり、盛大に歓迎会も行われました。

歓迎会

歓迎会

新入社員皆さん、これから日本ステージの力となって大きく羽ばたいてくれることを心から期待しています! 社会人としての一歩を無事に踏み出し始めた皆さんを、私たちは応援しながら見守りたいと思います。

尚、本年は新入社員研修のカリキュラムを例年より長期間に渡って組みましたので今後何回かに分けて、皆様へお届けしたいと思っております。 どうぞご期待下さい!!

記:東京総務部

海外研修レポート

フランクフルト・アムステルダム班

【4月12日】 成田からアムステルダム、スキポール空港に向けて出発。成田からの4名、大阪組6名と無事合流しました。その後フランクフルトへ。 ホテルに着いたあと夜全員で中央駅の中の店で夕食。明日の予定を確認。   【13日】 朝9時にESSJ根本さんと合流してメッセに向かう。プロライト&サウンドを見学。 サイバーのブース、プロライト社のブース他を訪問。いろいろ興味深い物を見た。

プロライト&サウンドを見学

午後からは市内観光。教会など古い建物がやはりすごい。次回はドイツなら是非古城が観たい。   【14日】 フランクフルトから朝乗るはずの飛行機の機体が小さい物になったのでツアー客の私達は乗れなくなる。

奥で電話連絡しているガイドさんとがっくりの参加者。 奥で電話連絡しているガイドさんとがっくりの参加者

1時間後のルフトハンザに乗って移動。ミュージカル『ソルジャーオブオレンジ』の開始時間が14時から!社長から到着時間の問い合わせの電話もあり。焦る!焦る!到着が3分前。奇跡的に間に合って最初から見る事ができた。(バックステージツアーができなかったのは残念。)   プロライトジャパン大沢さんから送っていただいていたあらすじを、営業新人北野さんに翻訳を頼んでいた。ホテルでプリントをしてもらい参加者みんなで空港にて回し読み、予習。これが役に立つ。周りの観客から日本人にこのストーリーやオランダ語がわかるのかと休憩時にみんな聞かれていた。外国人そのものが珍しいらしい。客の年齢層も高い。   内容的には戦争がはじまってライデン大学学生だった友達のグループが戦禍に巻き込まれて、ドイツ側やイギリス空軍に参加するものあり、裏切り者や死者をだしながら終戦を迎えると言う青春ドラマ風。   舞台装置は大きな円の内側に複数の舞台装置があって、観客席はその円の内側に配置。アパート、海(造波装置有り)、大学集会室、イギリス退避中のオランダ女王のガラス張り執務室、ドイツ軍の取調室などいくつか全く違うセットがありました。それぞれの場面に合わせて1100人の観客席がターンテーブルになっていて回転することで、次々と場面が変わって行く仕組みでした。最後には外にある飛行機(会場は飛行場に建てられた特設会場)がでてきたり、バイクで外へ飛び出して行ったり、見応えのある舞台装置でした。(ここのシステムをSTS社が製作したそうです。)

終演後セットの戦闘機の前で。 終演後セットの戦闘機の前で。

  【15日】 朝からみんなでチューリップで有名なキューケンホフ公園へ。まだ寒さのせいで咲いている花はクロッカスや水仙が多い。温室の中には、日本では見たことがない変わったチューリップがたくさん!

キューケンホフ公園

バラの温室ではイギリスをテーマにした展示が面白かった。15時にホテルのロビーにプロライト社のレオニーさんに迎えに来ていただく。バスで2時間移動でプロライト社到着。 マークさんマリナさんにプロライト社の説明を受ける。コンプライアンスやセーフティという単語が当たり前に出てくる。地震も雷も日本とはまったく違う考えかたで風が一番の大敵のようだ。

プロライト社

夕食で各自つたない英語でプロライト社のかたへ自己紹介。その後、山下社長のおみくじパフォーマンスに大笑い!(外国の方を楽しませる姿はすごいです。)この日はフローニンゲンのホテルに宿泊。23時半終了   【16日】 朝8時半出発 プロライト社事務所、工場、倉庫見学。倉庫は、天井に明かり取り用の窓が有り電気代節約。工場では働いている女性の安全靴?にびっくり! なんとオランダの木靴(サボ)。 このサボの着用は一般に工場で着用されている金属カバーの安全靴と同レベルの機能があるということで着用がみとめられているそうです。

工場で働いている女性

その後プロリフト(新型モーター)の説明を受ける。技術者ミッシェルさんの情熱に溢れるプレゼンテーションに感謝。プロライト社のかたから巨大なチーズや、Tシャツなどたくさんのおみやげをいただく。Thank you very much!

集合写真

この日はここから2時間バス移動でスキボール空港近くのSTS社へ。ESSJ鐘突氏合流。 こちらでも、丁寧なプレゼンを受ける。花の輸送機械等を製作している延長での舞台関係への進出なのだそうだ。   【17日】 11時半の集合時間迄各自自由 佐藤さんとエルミタージュ美術館アムステルダム「ゴッホ展」を見に行く。よく見るヒマワリの絵(現存する6枚のうちの1枚)他 鑑賞。やはり本物は凄い。その後 ホテルに戻り集合 スキポール空港へ 自動荷物預け23kg迄!に苦労している者もいたが無事日本へ帰国。 今回のメンバーは集合時間に遅れる事なく、和気あいあいとして班長としては非常に助かりました。ハードスケジュールでしたが事故もなく皆さん本当にお疲れさまでした。 会社には、いい機会を与えていただきましたこと感謝いたします。   記:営業部次長代理 浦野千香恵
2013年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031