• 創立50周年 感謝のつどい
  • 日本ステージ 50年史
会社の出来事 エンターテイメント業界
1991
  • 社員研修旅行(琴平・金丸座)
1992
  • 6月渋谷に東京営業所移転
  • 東京ドーム指定業者任命
  • 関西舞台技術者協会発足
  • 関西大道具協会が協同組合に再編
1993
  • 東京ディズニーランド取引開始
  • 福岡ドーム(現ヤフオクドーム)開業
1994
  • 3月会社設立30周年を機にロゴマーク変更
  • アジア太平洋トレードセンター開業
1995
  • ジャニーズ関連の受注本格化
  • 大阪ドームアドバイザー会議イベント部会座長に任命される
 
1996
  • 3月英E.S.S(Edwin Shirley Staging)と業務提携契約
  • 5月株式会社イー・エス・エス・ジャパン設立(本社:渋谷)
 
1997
  • 6月大阪市北区堂島に本社移転
  • 決算期を6月末に変更
  • 東京営業所を支社に登記変更
  • 一級建築士事務所登録
  • -大阪ドーム施設管理委託契約(ステージオフィスチーフ) 
  • 大阪玄関
  • 堂島
  • 大阪ドーム開業
1998
  • 10月東京青山表参道に東京支社移転
  • 日本武道館指定業者任命
  • イー・エス・エス・ジャパンが港区南青山で新事務所開設
  • ハワイへ社員リフレッシュ旅行
  • 関西舞台テレビテクノ&アート協同組合発足
  • 横浜日産スタジアム開業
1999
  • 4月埼玉県川口市に東京工場竣工(所長:田村昭)
  • ESS機材の効果が出始まる
  • 長期不良売掛の大幅整理
  • ジャニーズ、モーニング娘。らがブームに
2000
  • ミレニアム需要で売上30億円超す
  • パリ、ローマ、ラスベガス、ハワイへ研修旅行
  • 日本舞台技術安全協議会(JASST)発足
  • さいたまスーパーアリーナ開業
2001
  • 社員100名超す
  • ジャニーズ関連、全売上の44%を記録
  • ユニバーサルスタジオ・ジャパン開園
  • 札幌ドーム開業
2002
  • 3月東西全社員参加の研修会を宝塚グランドホテルで開催
  • 4月ブリトニー・スピアーズ公演の設営作業で事故発生
  • 神戸コレクション開始
2003
  • 初めて東京売上が大阪売上を抜く
  • 大阪ドームに自社広告提出
 
2004
  • 11月千葉県浦安市に東京工場移転・竣工
  • リハーサルスタジオ(URAYAU舞STUDIO)竣工
2005
  • 5月東西交流研修会および第25回謝恩コンペを川奈ホテル・ゴルフ場で開催
  • 12月東京ドーム設営現場にて落下死亡事故発生
  • 関西舞台テレビテクノ&アート協同組合の理事長に就任
  • 第25回ゴルフコンペ
  • 東京ドーム
  • 愛・地球博開催
  • iTunes Music(現iTunes Store)が日本でのサービスを開始
2006
  • 4月再雇用制度発足
  • 8月代表取締役社長に山下雅也就任、会長に山下嘉治就任
  • 11月社員研修総会(熱海後楽園ホテル134名参加)
  • NSS会発足
  • 大阪と東京の従業員数が並ぶ
 
2008
  • 4月社内表彰制度開始
  • 7月適格退職年金制度廃止に付き企業年金問題
  • フェスティバルホール閉鎖、建て替え
2009
  • 2月社員海外研修(ラスベガス)
  • 4月南青山にデザインルーム・TOKYO開設
  • 6月売上80億突破、7期連続増収増益
  • 9月中国・東端麒麟社来日
  • 11月社員研修会総会(琵琶湖・旅亭紅葉)
  • 東京進出25周年
  • 社員総会
  • 関西舞台テレビテクノ&アート協同組合「匠塾」発足
2010
  • 1月龍世嘉藍社と東端麒麟社から招待され、中国(北京・上海)視察
  • 6月東大阪市楠根に東大阪事業所開設
  • 適格退職年金制度から確定給付企業年金へと移行
  • 東大阪
 
2011
  • 3月東日本大震災による自粛、公演中止・延期続出
  • 4月東日本大震災の被災地・仙台に向け支援物資を提供
  • 6月社員研修会総会(熱海後楽園ホテル142名参加)
  • 9月龍世嘉藍社および東端麒麟社と日中相互協力協定
  • 震災支援
  • 震災支援
  • 龍世嘉藍
2012
  • 5月北の丸にて東西交流研修会および第30回謝恩コンペ開催(葛城ゴルフクラブ)
  • 5月12名体制で幹部会を開始
  • 7月サイバーホイスト導入
  • 12月19日、株式会社日本ステージホールディングス発足
  • 謝恩ゴルフコンペ
 
2013
  • 4月社員海外研修旅行(オランダ、イギリス、アメリカ等)
  • 6月売上高が97億円を記録
  • フェスティバルホール営業再開
2014

Top