News 2013/07/05

東京浦安工場で太陽光発電を開始しました

東京浦安工場で太陽光発電を開始しました!! 震災後の「節電」をきっかけに、ここ数年、企業のエネルギー使用に対する考え方が問われるようになりました。 単に流行としての「ECO」ではなく、企業の環境に対する姿勢を明確にすることが求められています。 日本ステージは電力を多用する「ステージ製作」という仕事柄、エネルギー、特に電気使用について「何が出来るのか?」と社内で話し合いを続けてきました。 その一つの回答として、2013年2月末に、弊社東京浦安工場の屋根部分に太陽光発電設備(パネル)を設置しました。 東京浦安工場で太陽光発電を開始しました東京浦安工場で太陽光発電を開始しました東京浦安工場で太陽光発電を開始しました東京浦安工場で太陽光発電を開始しました東京浦安工場で太陽光発電を開始しました 工事は2012年12月から始まり、工場部分の屋根に232枚のパネルを設置、2013年2月の末から発電を開始しています。発電量は、晴天時で約285kwを記録するなどしています。 もちろん、工場すべての電力をこの太陽光発電でカバーすることは出来ませんが、日々発電し続けるシステムは、我々に電力を作り出す苦労やその大切さを実感させ、毎日の業務の中で「環境」に対する意識を確実に変化させています。 発電状況が表示されるモニターを、舞スタジオロビーに設置してあります。 リアルタイムで発電量が分かりますので、舞スタジオにいらした際にはぜひご覧下さい。 東京浦安工場で太陽光発電を開始しました東京浦安工場で太陽光発電を開始しました

一覧に戻る

Top