04

目指すは、いるだけで安心される
大道具界の「ミスターピンク」。

Kohei Umehara

梅原 康平

東京技術部 イベント施工2課 1係
2001年入社 法学部卒

1 あなたの仕事内容についておしえてください

ライブの本番を担うのが、技術部がミッション。

コンサートやライブの「本番」、つまり当日の空間づくりを担うのが技術部です。まずは、ステージデザイン設計などの準備段階から打ち合わせに参加。どんな世界観を形にするのか、そのデザインは実現可能なのか、ライブツアーならどうすれば各会場の規模やルールに対応できるのか……。社内の営業やデザイナーなどと打ち合わせを重ね、現実的な施工図面に落とし込んでいきます。また自社倉庫と連携して、必要な機材や造作物などを発注するのも技術部の大事な仕事です。

入念に準備を行ったらいよいよ本番。イベント当日は、現場のチーフとして仕込みから撤去までトータルに携わっていきます。ただし、動き方はさまざま。小さな会場ならば自ら率先して作業しますし、規模が大きくなるほどスタッフマネジメントが中心に。限られた時間と人員の中で、安全かつ効率的に作業できるよう臨機応変に対応しています。もちろん大変な瞬間もありますが、愛情と情熱を注ぎ込んだセットの上で、アーティストが気持ちよく歌い、演奏している姿を見るとすべて報われた気持ちになりますね。

2 印象に残っている仕事

大物アーティストの姿勢に学んだ、プロ意識。

担当する現場は小さなライブハウスから、ホールやアリーナ会場、数万人収容のドームやスタジアムまで年間50以上を数えます。数えたことはありませんが、入社から今まで通算1000回以上のライブに関わってきたかもしれません。その中でも特に成長に繋がったのが、郷ひろみさんのコンサートツアーです。

当時の自分は入社5年目。単に技術を身につけるだけでなく、「あの人が現場にいれば安心だ」と思ってもらえるような存在感を発揮するにはどうすればいいのか、ひとり模索していたタイミングでした。もちろん郷ひろみさんと言えば、名実ともに業界で1、2に数えられる大御所アーティストです。そのプロ意識やセルフブランディングの術を吸収するまたとないチャンスと考えた私は、意を決してご本人の楽屋へご挨拶に。

内心、緊張でいっぱいでしたが、郷さんは快く迎えてくれ、セットに関する打ち合わせの時間を設けてくれました。さらにライブの度にそうした時間をいただくようになり、コミュニケーションを大事にする姿勢や、日頃の行動から周囲にアピールする重要性を肌感覚で学ばせてもらったのです。あれは本当にエポックメイキングな経験でした。

3 これから日本ステージで挑戦したいこと

いつか必ず日本一有名な大道具になる。

郷ひろみさんの現場を経験して、自分の中で2つ変化がありました。ひとつは、「どんな現場でも、誰が見ても、一目で分かる存在になろう」と、全身ピンクのコーディネートで働くようになったこと。本番当日だけはライブの邪魔にならないよう黒い服装で動きますが、打ち合わせも仕込み作業も、普段はずっとピンクです。もうひとつは、「何歳になっても成長の途中」だと考えるようになったこと。もうじき40代を迎えますが、プロ意識の塊のようなアーティストの姿に刺激を受けることも多く、まだまだ道半ばだと常に感じています。

私の目標は、「日本一有名な大道具になること」。たとえクライアントやスタッフが私の名前を知らなかったとしても、「ピンクの大道具さんがいれば大丈夫だ」「安心してステージに集中できる」と思ってもらえて、安全・安定に現場を遂行できたら最高です。

それに、日本ステージ自体もこれからますます成長していく会社です。新しい時代を一緒に切り拓いていく仲間がどんどん増えてくれたら嬉しいですね。もちろん、ピンク・チルドレンになりたい方も大歓迎ですよ!

Profile

東京出身。学生時代は陸上の長距離で活躍する一方、テレビ業界や音楽業界に憧れを抱く。特にライブで目の当たりにした裏方の仕事ぶりに興味を持ち、大学の恩師に相談。「成長中のこれからの会社がある」と当社を紹介され、チャレンジを決意する。新人時代は業界の慣習に習って黒中心の服装だったが、現在はプライベートも含めてラッキーカラーのピンクがトレードマーク。

One day schedule
1日の流れ

9:30 出社
朝礼に参加し、今日の作業について確認します。
10:00 メールチェック
届いているメールを確認し、返信します。
11:00 デスクワーク
終了した現場の資料まとめや協力会社への発注等を実施。
12:00 昼食
 
12:45 移動
浦安スタジオから東京本社へ移動。
13:30 打ち合わせ
東京本社(表参道)にてお客様と打ち合わせ。
15:00 休憩
 
15:30 社内打ち合わせ
社内のプロジェクトメンバーで打ち合わせを行い、作業の振り分けやスケジュールを確認。
17:00 デスクワーク
作業の整理、スケジュール確認、電話打合せ、図面/リスト作成等を実施。
17:50 退社