• 安全ポリシー
  • 安全への取組み
  • SAFETY News!

安全への取組み

安全への取組み

平成9年に一級建築士事務所(大阪府知事登録 16912号)平成22年に一級建築士事務所(東京都知事登録 56350号)の登録を行い、それ以降一級建築士よるトラスの強度検討・地震耐力検討・ 風圧力検討・部材耐力検討・吊り点荷重検討の構造計算を行い安全確保に努めています。平成18年には設計監理部門を設立し、 より組織的に事前段階での安全設計の検討を行っております。

有資格者による作業の徹底(弊社社員が有する免許

・一級建築士 ・一級施工管理技士 ・建設業管理技術者 ・車両系建設機械 ・移動式クレーン ・鉄骨の組立等作業 ・足場の組立て等作業 ・高所作業特別 ・建設用リフト運転 ・動力巻上装置の運転 ・自由研削と石の取替え試運転 ・アーク溶接 ・TIG溶接 ・ガス溶接技能講習 ・危険物取扱者 ・毒劇物取り扱い ・フォークリフト ・玉掛け ・職長 ・低電圧取り扱い ・上級救命講習 ・一級労務管理士
*上記有資格者による作業を徹底し安全に取組んでいます。

・平成9年に建設業許可を取得し、コンプライアンスに取組んでいます。
 一般建設業の許可 大阪府知事 許可 (特-20)第105149 
 建築工事業
 とび・土工工事業
 鋼構造物工事業
 内装仕上工事業

安全協力NSS会

施工現場における、事故災害を未然に防ぎ、安全に関する改善策を構築し安全強化を図る為に、平成18年11月に弊社協力業者30社を会員とし「日本ステージ(株)安全協力NSS会」を発足いたしました。

事業内容

  1. 安全に対する教育、訓練、育成対策
  2. 安全に対する体質の改善対策
  3. 事故災害の再発防止対策
  4. 会員相互の互助

年1回の定期総会の他、モーター講習会、仮設足場講習会等の安全講習会を随時開催し、上記事業内容を原理・原則とし協力会社と 伴に、企業の安全に取組んでいます。

破壊テストによる、強度の確認と危険箇所の研究

破壊テストを行い部材の安全性を確認し、社内安全基準の指針を明確にしております。 平成19年10月29日 於:日本ステージ 浦安 舞スタジオにて破壊テストを実施いたしました。 実験内容(以下の部材を破壊実験し強度を確認いたしました。)

  • 500×600 トラス(1点集中荷重)
  • 500×600 トラス(等分布荷重)
  • 500×500 トラス(1点集中荷重)
  • 500×500 トラス(等分布荷重)
  • 平台
  • トラス受け
  • 2m単管
  • アンチ
  • 鉄脚(W1800×H1200)
  • 梯子脚平台受け(2間)
  • 3mビーム(1t用)
  • 三角トラス(舞スタすのこ用2t用)
  • 三角トラス(舞スタすのこ用2t用)
  • スリング(M巻き)検証
  • 8mmアイボルト
  • 10mmアイボルト
  • 木+アイボルト
  • 2mmワイヤー
  • 3mmワイヤー
  • 4mmワイヤー
  • クランプ
  • アイクランプ
  • 6mmカラビナ
  • リング式カラビナ
  • ねじなしカラビナ
  • 10mmザイル
  • 小シャックル
  • アイボルト+アイナット
  • 1tCMモーター滑り実験
  • さる梯子
  • φ50アルミパイプ曲げ検証
  • φ45アルミパイプ曲げ検証
500×600トラス破壊テスト風景
500×600トラス破壊テスト風景
500×600トラス破壊W=18m 集中荷重2400kgで破壊
500×600トラス破壊W=18m 集中荷重2400kgで破壊
3mビーム破壊テスト風景
3mビーム破壊テスト風景

NPO法人 日本舞台技術安全協会への加盟

弊社は2001年に発足したNPO法人 日本舞台技術安全協会へ加盟し業界全体の安全強化を牽引しています。

NPO法人 日本舞台技術安全協会(jasst) とは

日本舞台技術安全協会は、演出空間(コンサート・演劇・舞台・テレビ・イベント等のスペースを言う)における安全に関する調査・研究・研修会等の開催、安全管理、保全等を行い、演出空間での安全強化を図ることにより、文化芸術を愛する市民により良い演出空間を提供し、もって我が国の文化芸術の発展に寄与することを目的とします。
(JASST HP 抜粋)http://www.jasst.org/Jap/index_JP.html

Top